温泉分析書

試料1㎏中の成分、分量及び組成表

平成29年7月31日で閉館・営業を終了します。

毎年2月に「伊豆温泉組合」により自主的に温泉の泉温と湧出量の調査を実施しています。
40年以上も前から毎年実施され温泉の適正管理、利用に貴重なデーターを残しています。

平成28年1月20日調査結果(今年は1月実施です) ♦最新データーです♦

1号泉 ◎泉温 36.1度 ◎湧出量 毎分 51.5リットル ◎泉質 アルカリ性単純温泉

3号泉 ◎泉温 39.3度 ◎湧出量 毎分 180.9リットル ◎泉質 アルカリ性単純温泉

湧出量のほぼ全量の毎分約180リットルを浴槽に供給しています

駒の湯源泉荘は、駒の湯1号泉、3号泉の2本の専用源泉を所有します。                                
温泉の温度や湧出量は、気温や雨量といった自然の影響を受けやすく、             朝夕、季節によって変動します。

温泉分析書に記載されている適応症(効能)

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、
慢性消化器病、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進

当館は平成21年7月に温泉の精密再分析を実施しました。

陽イオン

成分 ミリグラム
(mg/kg)
ミリバル
(mval/kg)
ミリバル%
(mval %)
ナトリウムイオン Na+
カリウムイオン K+
カルシウムイオン Ca++
アルミニウムイオン Al+++
41.2
  2.6
  6.1
  0.1
1.79
0.07
0.30
0.01
82.49
  3.23
13.82
  0.46
陽イオン計 50.0 2.17 100.00

陰イオン

成分 ミリグラム
(mg/kg)
ミリバル
(mval/kg)
ミリバル%
(mval %)
塩化物イオン Cl-
水酸化物イオン OH-
硫酸イオン SO4–
炭酸水素イオン HCO3-
炭酸イオン CO3–
臭化物イオン Br-
13.0
  0.2
45.7
24.4
13.5
  0.1
0.37
0.01
0.95
0.40
0.45
0.00
16.97
  0.46
43.58
18.35
20.64
  0.00
陰イオン計 96.3 2.15 100.00

遊離成分(非解離成分)

成分 ミリグラム
(mg/kg)
ミリモル
(mmol/kg)
メタケイ酸 H2SiO3 33.5 0.43
非解離成分計 33.5 0.43

溶存物質(ガス性のものを除く)0.180 g/kg

遊離成分(溶存ガス成分)

成分 ミリグラム
(mg/kg)
ミリモル
(mmol/kg)
溶存ガス成分計 0.0 0.00

成分総計 0.180 g/kg

その他微量成分

成分 ミリグラム
(mg/kg)
成分 ミリグラム
(mg/kg)
メタホウ酸 HBO2
メタ亜ヒ酸 HAsO2
マグネシウムイオン Mg++
マンガンイオン Mn++
鉄(Ⅱ)イオン Fe++
鉄(Ⅲ)イオン Fe+++
< 0.6
 0.03
< 0.05
< 0.05
< 0.05
< 0.05
銅イオン Cu++

ヨウ素イオン I-
チオ硫酸イオン S2O3–
総硫化水素 T-H2S
総リン酸態リン T-P
< 0.05

< 0.05
< 0.10
< 0.10
< 0.03

ご注文はお電話で承ります 0460-83-5551

▲このページの上部へ

Copyright © 駒の湯 源泉荘. All Rights Reserved.